使われていない土地活用で駐車場経営して収入UP|損ナシ活用術

土地を駐車場にしよう

とても安定した収入が望める駐車場経営について説明します

駐車場

ある程度広い空いている土地を持っているのであれば、駐車場経営がおすすめです。 駐車場経営には、固定客に対して月極めでする経営や、一般客を相手に時間単位でする経営等がありますが、固定客に対してする経営方法の方が安定した駐車場経営をする事ができます。 駐車場経営をするには、顧客の車に対しての責任問題を契約書などにきちんと決めておかないといけないです。 そうする事で、思わないトラブルから回避する事ができるようになります。 駐車場経営の利益は、駐車場で得た金額から、その土地の固定資産税や所得税などを引いた金額になりますが、駐車する車の台数が多いととても毎月の収入が多くなる事があるので、期待できる土地の運営方法です。

資産運用としての駐車場経営

土地を持っている場合にはその土地活用のひとつの方法として駐車場経営をおこなうことがあげられます。最近よく見かけるアパート経営と違って土地の上にアパートを建築するといった大掛かりな工事は不要なために、駐車場経営の場合には初期投資を抑えることができます。 アパート経営をやめる際には更地にするためにアパートの取り壊し等のような大掛かりな作業が必要になる反面、駐車場経営の場合には元の状態に戻すのも比較的簡単で費用を抑えておこなうことができます。 このように駐車場経営はリスクを最小限に抑えて遊休の土地を有効活用して資産運用ができる方法です。その土地の場所が駐車場としての需要が高ければそれ相応の賃料に設定しても需要が期待できます。